Roots‼︎

Roots!!

岩手県北エリア(久慈市〜普代村)がメインの釣りブログです☆

大沢的クロソイの釣り方!?〜基本編〜

こう言った事を書く事って中々無いので難しいんですが良く聞かれる事なので、折角blog移ったんなら。って事で書いてみます( *´艸`)

 

ただ、あくまで大沢の独学と個人的な釣りのスタイルでの釣り方、考えでございますので、1つのパターンとして頭の片隅に置いて頂ければ幸いですm(_ _)m

 

っと言う事でクロソイの釣り方。まずはベースとなる釣りですので、足場の良い漁港。コレをテーマにお話しします( *´艸`)

 

 

漁港のポテンシャル。ここに一番タックルバランスを合わせたいのでアベレージサイズとMAXサイズ。これに合わせてセッティングを出していきます。

 

 

〜漁港スペック.1〜

・Ave. 10〜20cm

・MAX.30cm

・常夜灯まわり

比較的漁港の中でも常夜灯が絡んでロリソイ多数。アクセスも良く、プレッシャーが高いエリア。

f:id:kazuki0430:20160905011620j:image

ロッド:6〜7㌳のUL〜Lクラスのロッド

リール:1000〜2000番

ライン:2.5〜3lbのフロロor3〜4lbのナイロン

リグ:ジグヘッド 0.8〜1.5gに2㌅前後のメバル用のワーム

 

漁港のライトゲーム。大体はこんな感じのセッティングで数釣りメインの釣りです。

 

ただ、あくまで誰でも入れるメジャーな常夜灯まわり。サイズも小さく、人的プレッシャーもある中での釣りでございますので、リグは小さく軽く。

 

そしてスローな釣りの展開が多いです^ ^

 

アクションはキャストして着底or底近所を底に擦らないようにただ巻き。

 

これだけで釣れちゃいます( *´艸`)

 

後は、漁港の中の底にある沈み根や海藻。常夜灯の明暗等の定番の場所でしっかり釣れてくれますので、初心者〜上級者まで遊べるポイントです^ ^

f:id:kazuki0430:20160905012916j:image

餌も豊富で、サバやアジ、ウグイにタナゴ。色んな魚と遊べるのも魅力ですな(・∀・)笑

 

 

〜漁港スペック.2〜

・Ave. 20〜25cm

・MAX.35cm

・真っ暗な漁港

常夜灯の無いor常夜灯の光が届かないような真っ暗なポイント。暗い場所はアベレージサイズが上がります。

f:id:kazuki0430:20160905013526j:image

ロッド:6〜7.6㌳のL〜Mクラスパワーのロッド。

リール:2000〜2500番

ライン:フロロ4〜5lb or ナイロン5〜6lb or PE0.5〜0.8号

リグ:ジグヘッド 3.5〜7gに3㌅前後のワーム、

 

ベイトの場合も同じですが、糸は8〜12lb。PEならトラブルを少なくする為にも1.5号以上がオススメです(・∀・)

 

f:id:kazuki0430:20160905022610j:image

 

そこをやる場合は同ウェイトのテキサスリグ。

 

真っ暗なポイントではサイズが上がるので少しだけタックルが強くなります。

こう言った漁港では船下や岸壁際やブイにソイが浮いてたりしますので、海面をライトで絶対に照らさないようにして、まずは表層付近のストラクチャーから狙い、徐々にレンジを下げていきます。

 

アクションは基本的にはただ巻き。余計なアクションをするよりは一定レンジをスローに探った方が反応が良い気がします^ ^笑

 

リトリーブで反応がない場合は見切ってランガンが良い気がしますが、もし粘るのであれば底を叩く釣りは最後にやった方が良いです。

 

根掛かりして場を荒らさないためにも、最初は底を切るぐらいのレンジまでを探るのがベストで、ある程度やったらテキサスで底を釣る。っと言うのがプレッシャーの高い漁港での釣りです^ ^

 

f:id:kazuki0430:20160905022711j:image

んでも底は底でリトリーブよりボトムバンプに好反応なムラソイ釣れるんで何気底の釣りもターゲットによってはスタートからやったりします(笑)

 

 

〜漁港スペック.3〜

・Ave.27〜30cm

・MAX.40cm後半

・一発モンスターのデカソイ狙い

f:id:kazuki0430:20160905015509j:image

コレは釣り方から何から何まで魚が違うんで別枠でお話ししますので今回は割愛(笑)

 

 

 

 

漁港内での釣りで何よりも重要なのは人的プレッシャー。

コレをどこまで魚に感じさせないかがキモになってきます。

 

なのでアクションはシンプルにただ巻きメイン。そしてワームサイズも一口サイズのワームをベースに組み立てるのが数も釣れてモチベーションを保てます(・∀・)

んで、クロソイの口は下顎が出てるので自分より少し上のレンジのエサに反応が良いため、ストラクチャーがあれば上から探るのがベストです( *´艸`)

 

浮いてないと判断できる日なら最初から底の巻き巻きでOKです(・∀・)

 

ワームのカラーや種類も特に気にする事は無いのですが、グローはスレるのが早いんで最後に。。。

基本的にはクロソイの目の構造からラメなんかの光の反射を真っ暗な中でも見る事が出来るらしいので、大沢はラメ系の乱反射系を使う事が多いです(・∀・)

 f:id:kazuki0430:20160905023036j:image

そして形状はシャッドが一番巻いてる時にイメージがしっくり来て釣れるビジョンが見えるので大沢はシャッドを使いますが、別にホッグ系を巻いても釣れます(笑)

 

ただ、ホッグ系を巻いて反応がない場合。ワームを信じれなくなるので、そこら辺のメンタル的な要素も重要だったりします(笑)

 

なぜか、釣れる満々で釣りしないと不思議と釣れないもんなのです( *´艸`)

 

 

っと基本的な漁港内での釣りでしたが少し気を使ってあげるだけで釣果は明らかに変わります^ ^

 

 

f:id:kazuki0430:20160905023204j:image

漁港内は北三陸では激レアなベッコウも( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

 

 

漁港の中は漁港の中で思わぬサイズ、魚種が釣れるんで何気、全力で遊ぶと楽しいですよ〜(*´∀`*)

 

 

 

 

・・・う〜ん。だいぶバフっとした内容ですが、ベースはこんなんです(笑)

 

そこから応用してさらなるサイズアップをねらうお話をしたいのですが、続きはまた今度( *´艸`)

 

最後に。。。

 

頑張りましたが半分寝ながら書いたんでごちゃごちゃですwww